福岡県高校野球連盟(高野連)が、断念を発表していた第102回全国高校野球選手権福岡大会の代替大会開催の検討を始めたことが分かった。

 全国高校野球選手権の中止が5月20日に決定した後、福岡県高野連は常任理事会を開き、同25日に代替大会を行わないことを発表していた。ところが6月1日に県教育委員会が県高野連と県高体連に代替大会開催を依頼する文書を送付。要請を受けて県高野連はこれまでの方針を転換し、近日中に常任理事会を開いて代替大会開催を協議することが決まった。

 県高野連の代替大会を行わないという発表の後、地域規模での交流戦を企画している学校もあり県高野連の土田秀夫...    
<記事全文を読む>