熊本県高校野球連盟は4日、熊本市で常任理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった全国高校野球選手権熊本大会に代わる独自大会の開催を決めた。7月から8月上旬にかけて原則無観客で土日祝日のみ実施する。

 大会名は「2020夏季熊本県高等学校野球大会」で、軟式大会も行う。今月1日の学校再開に伴い部活動の制限も緩和され、開催可能と判断した。

 休校で遅れている授業を優先するため、試合は土日祝日のみ。トーナメント方式で、開会式は行わない。会場はリブワーク藤崎台球場(熊本市)や県営八代球場(八代市)などを予定しているが、日程次第で加盟校のグラウンドも使う。...    
<記事全文を読む>