岡山県高野連は4日、倉敷市で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権岡山大会に代わる独自の「夏季県高校野球大会」を開催することを決めた。7月18日に開幕し、マスカットスタジアム(倉敷市)など4球場を会場に8月10日までトーナメントで争う。

 試合は原則、土日祝日に行い、ベンチ入り人数は5人増の最大25人とし、試合ごとのメンバー変更を認める。無観客を前提とするが、控え部員は入場可能。保護者については今後の感染状況を踏まえて判断する。

 全チームが集う開会式は取りやめ、7月18日にマスカットスタジアムである第1試合前に...    
<記事全文を読む>