高校野球の全国選手権大会と地方大会の中止が決まり、現役選手と同様に心を痛めている神奈川の元甲子園球児がいる。横浜市内で整骨院を営む吉田干城さん(35)=桐光学園高出身=は投手として2002年夏の全国大会に出場した経歴の持ち主。今も懸命に肩肘のリハビリを続ける患者と向き合っており、「夏を目指して治療してきた最上級生のためにも、神奈川独自の大会を開催してほしい」と願う。

一覧

<記事全文を読む>