県野球連盟は30日、宇都宮市文化会館で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため5月末まで禁止していた県連盟所属の一般・学童全チームの練習を31日から解禁する一方、対外試合禁止期間を7月末まで延長すると決定した。それに伴い、第51回県学童軟式野球大会を含め、県連盟が7月に主催する6大会は延期することが決まった。開催の可否は6月に開く臨時理事会で決定する。

チーム活動途絶える 夏まで大会中止の競技も 新型コロナ影響

 練習再開は25日に全国で緊急事態宣言が解除されたことを受けての判断。一方、対外試合禁止期間を延長したことについて、渡辺起祐(わたなべかつゆう)専務理事...    
<記事全文を読む>