新型コロナウイルスの影響で、今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた高知大会が中止になったことを受け、県高野連は30日、代替となる独自の県大会「2020県高校夏季特別大会」を開催すると発表した。当初の高知大会と同じ7月18日開幕で、トーナメントの公式戦を行う。無観客での開催だが、控え選手の観客席への入場は認める方向で、保護者の入場などを含めた運営の詳細は今後決める。

 県高野連の橋本浩会長は「3年生や指導者らの思いに応えるため開催を決めた。感染症や熱中症対策などの課題がクリアできると判断した」と説明した。

 大会は「1試合だ...    
<記事全文を読む>