沖縄県高校野球連盟は、中止となった全国高校野球選手権沖縄大会の代替大会を無観客試合で開催する方向で調整を進めている。関係者によると、27日に日本高野連が発表した代替大会は無観客を原則とするとの方針に準じた格好で、6月上旬までに大会要項を取りまとめ各校に通達する予定だ。

 ベンチに入れなかった球児については「スタンドでの応援も可能とする」としている。大会要項の最終調整のため、理事会の次回開催を模索している。

 日本高野連と朝日新聞社が財政支援を行うことも表明しており、県高野連の関係者は「大会運営費に充てられることになるだろう」と語...    
<記事全文を読む>