新型コロナウイルスの影響でこの夏の全国高校野球選手権大会と地方大会が中止になったことを受けて、和歌山県高校野球連盟(愛須貴志会長)は、代わりになる地方大会の開催について6月9日の理事会で話し合うことを明らかにした。

 県高野連によると、3年生が出場する公式戦として大会を開くことができるかを6月9日の理事会で話し合い、決まらなければ、それ以降に改めて臨時会を開いて話し合う。学業との両立やスケジュールの調整、練習不足によるけがの防止、感染防止対策などの課題があり、県教委との協議も必要という。

 佐賀県や沖縄県などの高野連は、7月から代替大会を開催...    
<記事全文を読む>