千葉県高野連は中止となった第102回全国高校野球選手権千葉大会に代わる独自大会を8月に開催する方針を示している。日本高野連が27日に発表した新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを基に運営すると決めており、全試合無観客で実施が原則となる。

 控え部員や保護者の入場、1回戦のみを行うあるいはトーナメントなどの試合方式やベンチ入りの人数については県高野連が決める。会期は8月末までの終了が原則。1週間で500球の投球数制限の導入も決まった。

 同ガイドラインによると、参加選手らは試合日起床後に37・5度以上が確認された場合は来場自粛となる。円陣を組む時などは密集に...    
<記事全文を読む>