今夏の第102回全国高校野球選手権が新型コロナ感染拡大の影響で地方大会を含め中止となったことを受け、茨城県高野連は26日、水戸市内で臨時理事会を開き、地方大会の代替えとなる独自大会の開催を決めた。無観客試合を原則とし、4地区の予選を行った後、県大会を実施する。授業時間確保のため、土日祝日だけに試合を組む形で7月11日に開幕し、8月2日に決勝を行う予定。大会方式の詳細は6月9日の理事会で決定する。

臨時理事会は非公開で行われ、終了後に取材に応じた榎戸努専務理事は「全会一致で実施が決まった。3年生は今年1試合も公式戦ができていない。高校野球の区切りをつけさせてあげたい...    
<記事全文を読む>