全国高校野球選手権(夏の甲子園)と地方大会の中止を受け、沖縄県高校野球連盟(岩﨑勝久会長)は23日、県独自の大会を開くことを正式に決めた。大会はトーナメント方式で7月4日に開幕し、土日に試合を進める。決勝戦は高校の夏休みに当たる8月上旬を予定。今後、県内の新型コロナウイルスの感染状況などを注視し、観客の入場有無について検討する。全国高校総体や夏の甲子園など、高校部活動の集大成の場でもある大会が軒並み中止になる中、県高野連の決定が今後、他競技の県内大会開催の判断にも大きな影響を与えそうだ。

...    
<記事全文を読む>