プロ野球・中日のエースとして活躍し、米大リーグでもプレーした野球解説者の川上憲伸さん(44)=徳島市出身、名古屋市=は、夏の甲子園中止について「自分のことのように残念で、まだ信じたくない」と声を落とした。仲間と共に甲子園を目指した徳島商時代の体験は、後の野球人生の原点であり、誇りでもあった。失意の球児に向けて「今回流した涙は人間を強くしてくれる」とメッセージを贈った。

 国府中3年の夏、甲子園で躍動した徳島商に憧れて進学。1年の夏に遊撃手のレギュラーポジションを獲得したが、甲子園出場の機会はなかなか訪れなかった。エースとして臨むはずだった2年の夏には、徳島大会2週間前の練習...    
<記事全文を読む>