新型コロナウイルス感染症の影響で全国高校野球選手権大会と地方大会の中止が5月20日、決まった。聖地で戦うことを夢見て野球に青春をささげた3年生にとって、あまりに酷な決定。最大の目標を失った福井県内の選手たちからは「甲子園で戦いたかった」「心の整理がつかない」と悲痛な声が聞かれた。

 3年連続出場を目指していた敦賀気比。昨夏、背番号1を背負ったエースの笠島尚樹選手は「まだ心の整理がついていない」と中止を受け止められない様子。「(昨夏の)甲子園ではベンチに入っていないメンバーがサポートや応援をしてくれた。そのメンバーと甲子園でプレーしたい思いがあったので本当に悔しい」と声を絞り...    
<記事全文を読む>