新型コロナウイルスの影響で、春に続き夏の甲子園大会と地方大会も中止が決まった二十日、夢の大舞台でプレーするために努力を積み重ねてきた県内の球児からは動揺し、落胆する声が漏れた。主催側は、最後の晴れ舞台をなんとか用意しようと検討を続けている。(森雅貴)

 「夏の大会にかけてきた。不安な中でも開催されると信じて準備してきたので、正直ショックです」。昨夏の県大会で4強まで進んだ県立大宮東の佐藤亮太主将(三年)は、電話取材に率直な思いを吐露した。

 幼いころ、甲子園大会の中継にくぎ付けに。「聖地でプレーしたい」と県立の古豪・大宮東へ入学した。昨年の県大会で先輩たちが私立...    
<記事全文を読む>