県高野連の菅谷明浩理事長(57)は20日、甲子園大会と地方大会の中止が決まったことを受け、独自大会の開催を検討していく考えを示した。

 今夏の山形大会は6月25日に組み合わせ抽選を行い、7月10~25日の日程で熱戦が繰り広げられる予定だった。菅谷理事長はオンラインでの理事会終了後、山形市の県スポーツ会館で報道陣の取材に応じ「頑張ってきた選手や指導者、保護者のためにも別の形で県大会の開催を前向きに考えたい」と説明した。

 ただ県立高は部活動再開のめどが立っておらず、県高野連は県教育委員会などと相談しながら独自の地方大会開催に向けた検討を慎重に進め、今月28日の常任...    
<記事全文を読む>