新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、兵庫県西宮市の甲子園球場で8月10日に開幕する予定だった全国高校野球選手権大会が中止の方向で検討されている。夏の甲子園大会出場を目指して努力している高校球児たちの心境を思うと、やり切れない。

 夏の甲子園は1915年に大阪・豊中で第1回大会が開かれた。球児の憧れの舞台である甲子園は24年の第10回から使用されている。2年前に節目の100回を迎え、今年が第102回となる。
 大会が中止されたのは米騒動が起きた18年の第4回、戦局悪化の影響による41年の第27回と過去2回あり、42~45年は戦争で中断している。もし今回中止となれば...    
<記事全文を読む>