新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、第102回全国高校野球選手権大会が中止の方向で検討されていることが明らかになった15日。県内の野球関係者や高校野球ファンからは、感染リスクなどの不安要素が拭い切れない現状に理解を示しつつ、残念がる声が上がった。

 「(選手の)心の痛みは計り知れない」―。ルートインBCリーグの信濃グランセローズの監督を務める柳沢裕一さん(48)=松本市出身=は、神妙な面持ちでそう話した。甲子園は、高校球児にとって夢の舞台。自身も松商学園高時代、甲子園出場という明確な目標があったから「どんなにきつい練習でも取り組めた」と振り返る。「個人的には、無観客でも開...    
<記事全文を読む>