新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初めて選抜大会が中止となった。それ以降も球児を取り巻く状況は悪化。今夏の甲子園、第102回全国選手権大会は8月10日が開幕日となっているが、その出場権を懸けた地方大会への影響が懸念されている。夏の地方大会は6月20日に沖縄県からスタートする予定だ。

 政府が緊急事態宣言を発令。各地域の多くのチームは部活動が停止となっている。実戦経験を積みたい現場は困惑の色を隠せない。球児にも不安が募るばかりだ。

 夏の地方大会のシード権を決めるなど「前哨戦」ともいえる各地の春季大会は相次いで中止が決まっている。全国9地区の春季地区大会は全...    
<記事全文を読む>