道高野連は17日、道内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月中旬以降に開催予定だった春季高校野球の各支部大会(道高野連、北海道新聞社主催)を中止すると発表した。既に全道大会は取りやめを決めており、全道大会、支部大会ともに初めての中止となった。

 3日の時点で道高野連は、札幌への移動と宿泊を伴い、感染リスクの高い全道大会は中止したが、支部大会については試合機会の確保のため無観客で行う方針を示していた。

 しかし12日に道と札幌市が緊急共同宣言を発表し、札幌市や近郊の公立校が休校となるなど状況が悪化。13日の常任理事会で開催可否を議論し、選手らの健康を守ること...    
<記事全文を読む>