岡山県高野連は16日、岡山市で理事会を開き、5月2日に開幕予定だった春の県大会の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県内の大半の学校が5月上旬まで休校となるため。記録が残る1948年以降、中止は初めて。

 県高野連は出場校を決める地区予選の開始を例年より約1カ月遅い今月25日に延期。県大会も春の中国大会(中止)のために確保していた球場を使い、5月31日を最終日とする日程に変更し、無観客での開催を目指したが、状況が好転せず地区予選とともに断念した。

 既にほぼ全ての都道府県で春の大会が中止や打ち切りとなっている。県高野連の多田一也...    
<記事全文を読む>