静岡県高校野球連盟は16日、静岡市内で評議員会、理事会を開き、中沢秀紀会長(前静岡商校長)の退職に伴い新会長に野部道太浜松商校長を選出した。副会長には新たに成田優沼津工校長が就任した。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選抜や春の公式戦は中止。夏の全国選手権、静岡大会の開催も見通しは不透明だ。野部会長は「日本高野連の判断に従うことになる。休まず、遅くまで白球を追ってきた3年生にとって最後の大会。やらせてあげたいが命に関わる問題なので(感染拡大の)収束を祈るしかない」と述べた。成田副会長も「3年生が納得して区切りを付けられるよう、できることを精いっぱいやりたい」と話した。...    
<記事全文を読む>