宮城県高野連は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月開催予定だった春季の予選会と県大会の中止を決めた。全国高校野球選手権出場が懸かる7月の宮城大会は予定通りの開催を目指し、例年、春季県大会の結果で決めていた夏の宮城大会のシード校は、昨秋の県大会8強のチームを充てる方針。6月11日の理事会で最終判断する。
 3月時点では、従来の地区予選を1試合勝ち抜きの予選会に縮小して行う予定だった。丹野高雄会長は仙台工高であった理事会後に記者会見し、「球児や引率する顧問、保護者らの安全確保を最優先とし、苦渋の決断をした」と説明した。
 春季大会に代わる公式戦は、夏の大会ま...    
<記事全文を読む>