静岡県高野連は9日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、加盟する全112校に対し11~26日まで、対外試合を自粛するよう文書で要請した。県教委などの決定を受けて臨時休校する公立校と、学校ごとに対応が異なる私立校に、感染拡大のリスクに対する共通認識を求めるため。
 県高野連は「公立、私立を問わず、試合会場への移動や対外試合による感染の拡大を回避する必要がある」とした。県立は4月から全体練習を始めたが、再び活動休止となる見通し。一方で私立は3月下旬から対外試合を行うチームもあった。
 日本高野連は練習や対外試合の自粛については全国一律の要請は行わず「都道府県連盟の判...    
<記事全文を読む>