県高野連は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春季県大会を中止すると発表した。すでに地区予選の中止を決定していたが、県大会は実施する方針で9日に代理抽選会(非公開)が行われる予定だった。

 県高野連は新型コロナウイルスの感染拡大が予断を許さず、県教育委員会などの休校措置の延長や部活動の制限を考慮したという。

 栗原豊樹専務理事は「部活動の再開の見通しが立っていない。生徒の健康と安全という観点から判断した」と説明した。

 これまで春季県大会のベスト16以上が夏の神奈川大会のシード権を獲得していた。今夏のシード権については今後、理事会などで協議して...    
<記事全文を読む>