2010年に興南高校のエースとして甲子園春夏連覇を成し遂げて10年。プロ野球・福岡ソフトバンクホークスを昨年退団した島袋洋奨さん(27)が1日から、母校の事務職員として新たな社会人生活をスタートさせる。「子どもたちには負けられない。刺激し合って一緒に成長していきたい」。将来的には野球部の指導者を目指す。

 「お帰り」「頑張ってね」。3月30日、母校の校門をスーツ姿でくぐった島袋さんに教職員から、温かい声が掛けられた。

 昨年、恩師で同校野球部の我喜屋優監督から指導者にならないかと誘いを受けた。島袋さんは「興南に戻る選択肢があることに素直にありがたいと思...    
<記事全文を読む>