徳島県高野連は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、既に中止を決めている県春季高校野球大会に代わって実施を検討していた代替大会の開催を断念したと発表した。

 県高野連は18日の臨時理事会で代替大会の開催を検討する一方、部活動の全面解禁が4月9日以降となる場合は実施しないことを決めていた。県教委が25日に出した通知で、部活動の対外試合については「当分の間、控えること」との方針が示されており、大会開催は困難と判断した。

 須崎一幸理事長は「残念だが、夏の全国選手権徳島大会の開催に向けて努力したい」と話した。

 また、県高野連は4月25日に鳴門オロナ...    
<記事全文を読む>