新型コロナウイルスの感染拡大を受け、茨城県高野連(塚本敏雄会長)は30日、水戸市内で緊急の役員会を開き、4月11日開幕予定だった春季関東大会の地区予選と、同24日開幕予定だった県大会の中止を決めた。延期や無観客開催の方向性も探ったが、感染の終息が見えていないことや、開催した場合でも生徒の安全や健康を保てないことなどから開催を断念した。春の地区予選、県大会が中止となるのは初めて。

役員会では、関東大会の中止決定を受け、地区予選と県大会の延期や無観客開催を含め検討した。しかし、出席した理事らからは「県内の感染者数が増えており、収まる方向が見えていない」「練習が満足にできていない学...    
<記事全文を読む>