新型コロナウイルス感染拡大の影響で、春季千葉県高校野球大会の中止が26日、決まった。例年春のベスト16以上に与えられる夏の千葉大会シード権の行方や、5月16日から山梨県で予定されている関東大会への出場チームは未定。五輪延期を受けた夏の千葉大会の日程見直しなども今後協議していく。史上初の事態に各学校の監督らは「仕方ない」と理解を示しつつ、困惑の声も漏らす。

 「世の中を見れば中止は仕方ない」。2018年に春夏の甲子園に出場した中央学院の相馬幸樹監督は、大会中止を冷静に受け止める。春の県大会は直接甲子園出場につながらないものの、夏の千葉大会のシード権を争い、夏に向けた最後の公式...    
<記事全文を読む>