東海4県の高野連理事長による緊急理事長会が25日、名古屋市内で行われ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて岐阜県の春季大会と県内開催の東海大会の中止を決めた。東海大会の中止は初という。

 岐阜県高野連は4月開催の可能性も探っていたが、「選手の健康を最優先に考えた。また、ほとんどの学校で部活動が再開できるのは最短で4月8日。そこから無理して仕上げさせるのもかわいそう」と、小森和憲理事長は決定の理由を明かした。

 例年、春季県大会のベスト8校は夏の岐阜大会のシード校となっていたが、今夏の方針については「これから検討していく」と話した。

 昨秋の県優勝校で、...    
<記事全文を読む>