静岡県高野連は23日、静岡市内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため春季地区、県大会の中止を決定した。「さまざまな実施方法を検討したが、集団感染リスクを十分に排除できない」と結論付けた。地区大会は21日の開幕を延期し、県大会は4月25日の開幕を予定していた。
 県高野連は理由として、集団感染や高校生が感染源となるリスクの回避、県教委や文科省から春休み中も部活動自粛の要請があり、大会に向けた十分な準備ができない点を挙げた。渡辺才也理事長は「苦しい決断。事態は好転しておらず、やりたい気持ちはあってもやれるという意見は出なかった」と話した。
 春季大会...    
<記事全文を読む>