徳島県高野連は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、20日に開幕予定だった第73回県春季高校野球大会を中止すると発表した。県春季大会の中止は初めて。県高野連は代替大会の開催を検討している。

 この日、城南高で開かれた臨時理事会には33人が出席。既に四国大会の中止が決まっており、少なくとも24日までは加盟校が部活動を休止しているため中止を決めた。

 県高野連によると、17日の監督会で「3年生の出場機会は限られており、形を変えてでも公式戦の場を設けてほしい」と代替大会の開催を望む声が多かったという。

 県高野連の計画では、代替大会は県総体や夏の選手...    
<記事全文を読む>