新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11日に中止が決まった第92回選抜高校野球大会(甲子園)。出場する予定だった加藤学園は12日、沼津市内の同校でミーティングを行った。米山監督はナインに「また一つのチームをつくり、次に向かっていこう」と、再出発を呼び掛けた。
 「頑張った成果を評価してもらった。それが消えることはない」と指揮官。「あの場所で試合ができなくなったことはつらく残念なこと。日がたつほど悔しさは沸いてくる」と、切り替えの難しさを強調した。その上で「もっと高い目標を持ち、応援したいと思われるチームになっていこう」と語り掛けた。
 前日は気丈にインタビューに答え...    
<記事全文を読む>