新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止が決まった第92回選抜高校野球大会。春夏の4季連続出場を決めていた明石商だけに、まちでは「残念」と惜しむ声が上がった。一方、「仕方ない」と複雑な反応も聞こえてきた。

 「がっかり。信じられない」。神戸市垂水区の高校2年、男子生徒(17)はJR明石駅前の広場で勉強中に中止を知った。

 明石商が決勝に進出すれば甲子園に応援に行く予定だった。「相撲は無観客でしているのに」と残念がった。

 明石商野球部に中学時代の友人がいる加古川市の高校2年、男子生徒(17)は「とても残念。また夏に甲子園に行ってほしい」と期待した。<...    
<記事全文を読む>