日本高野連は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会の中止を決めた。球児らの夢の実現へ、無観客での開催を模索してきたが、選手の健康、安全面を最優先に考えて断念した。

 4年ぶり5度目の選抜大会出場校に選ばれていた花咲徳栄の大舞台が、新型コロナウイルスの感染拡大によって消滅。練習後、野球部寮内のミーティングルームに選手たちを集めた岩井監督は、「日本高野連から選抜大会中止の報告があった。重い決断をしっかり受け止めてほしい」と鎮痛な面持ちで決定を伝えた。

 動揺する選手たちに、同監督は「練習を中断して東日本大震災で亡く...    
<記事全文を読む>