日本高野連は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会の中止を決めた。球児らの夢の実現へ、無観客での開催を模索してきたが、選手の健康、安全面を最優先に考えて断念した。

 日本高野連が第92回選抜高校野球大会(19日から13日間・甲子園)の中止を決定したことを受け、2年ぶり11度目の選抜大会出場を決めていた東海大相模の門馬敬治監督(50)は「現在の社会状況の中、日本高野連の方々が決断されたことを真摯(しんし)に受け止めています」との談話を発表した。

 同校は政府の要請を受け、2日から17日までを臨...    
<記事全文を読む>