新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、無観客開催の可能性を模索していた選抜高校野球大会が中止となり、出場予定だった白樺、帯農両校や道内の関係者に落胆が広がった。政府が10日にスポーツや文化イベントの自粛延長を要請するなど感染終息が見通せない前代未聞の状況に、球児の「夢」は振り回された。

 「生徒は甲子園を夢見てやってきたので、ショックは大きいと思う」―。大会の中止決定を受け、白樺の戸出監督は選手の胸中を察して語った。

...    
<記事全文を読む>