新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本高野連は19日に開幕する第92回選抜高校野球大会を無観客で開催する方針を決め、中止の可能性も残している。21世紀枠に選出され、46年ぶりに同大会に出場する福島県立磐城高校(同県いわき市)の本県関係者からも残念がる声が聞かれた。

北茨城市関南町仁井田の市漁業歴史資料館「よう・そろー」館長で、同校同窓会北茨城支部の丸山享さん(66)は「思い切りぶつかって負けてもいい。試合もせず終わってしまえば選手は一生もやもやする」と無観客でも中止せず開催することを望む。

既に卒業した双子の次男、三男は野球部に所属していた...    
<記事全文を読む>