新型コロナウイルス感染拡大の影響で、第92回選抜高校野球大会の無観客試合での開催方針を示した日本高野連の会見から一夜明けた5日、群馬県代表の健大高崎は6日ぶりに練習を再開し、桐生第一も練習時間を短縮して汗を流した。開催の可否決定は11日。その後の状況で中止の可能性も残るが、両校は開催を信じて準備を進めている。

《健大高崎》グラウンドで6日ぶり練習
 健大高崎は学年末の試験が明けて、練習を再開した。室内練習場で打撃練習に取り組み、グラウンドでノックを受けて久々にボールの感触を得た。

 練習を終えた戸丸秦吾主将は「やっぱりチームでやる野...    
<記事全文を読む>