新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本高野連が甲子園球場で十九日に開幕する第九十二回選抜高校野球大会を開催する場合は無観客とする方針を示したため、県内から出場予定の健大高崎と桐生第一は対応に追われている。

 日本高野連は発表した感染拡大の防止策で、十三日の組み合わせ抽選会は主催者による代理抽選に変更し、十五、十六日の甲子園練習は中止とし、十五日まで自校での練習に制限することなどを盛り込んだ。

 このため、健大高崎は五日から練習時間の短縮や参加人数を半分にする対策をしている。当初は十一日に甲子園に出発する予定だったが、十五日に変更する見通し。十六、十七日は現地で...    
<記事全文を読む>