日本高野連が選抜大会の通常開催を断念した上で最終決断を先送りしたことを受けて、西日本スポーツのツイッター(@nishispo_online)で緊急アンケートを実施した。

 開催の場合も開会式や甲子園練習は中止され、組み合わせ抽選会は主催者による代理抽選に変更。スタンドでは家族や応援団の応援も認められない。こうした決断を踏まえ、西スポアカウントで「皆さんの考えをお聞かせください」として「無観客で開催」「中止」の2択でユーザーに回答を要請。高野連が会見した後の午後6時50分ごろから3時間で1447の投票があり、無観客で開催が73%、中止が27%だった。

 開催派から...    
<記事全文を読む>