新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本高野連が4日、通常開催を断念し、無観客での実施に向けて準備することになった第92回選抜高校野球大会。開催に備えて準備を続ける加藤学園ナインは4日午後、沼津市内のグラウンドで約2時間軽めの練習を行った。米山学監督(41)は「さあここからという時にまさかこんな形になるとは。グラウンドでは元気にやろうと生徒には言っているが、不安もあるはず」と、選手の気持ちをおもんぱかった。
 無観客開催の可能性に「当然、応援された方がいいと思うが、甲子園は初めてなので(無観客の影響は)よく分からない」と米山監督。「今は試合に勝つか負けるかは考えられない。体調...    
<記事全文を読む>