新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、十九日開幕予定の選抜高校野球大会が無観客で開催される方針が示された。初出場する加藤学園の地元沼津市では四日、試合に臨むナインの心情を思いやる声が出ていた。

 県東部の選手を中心とする中学女子硬式野球チーム「スルガマリンガールズ」監督で、長男が加藤学園野球部OBの岩見正樹さん(54)は無観客について「選手のテンションが上がらない心配はあるが、出るからには地元代表として頑張ってほしい」と語り、選手らへの感染対策は「宿舎などで万全にできるのか」と懸念を示した。

 母親と妹が加藤学園出身の自営業田中剛さん(56)は「リスク回避のた...    
<記事全文を読む>