センバツ出場を祝った垂れ幕が掲げられている明石商業高校=4日午後、明石市魚住町(撮影・鈴木雅之)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う選抜高校野球大会の無観客開催の方針に、兵庫県内の高校野球ファンや明石商高の地元明石では残念がる声の一方、「何とか開催だけは」と期待する声も聞かれた。

 「感染拡大を防ぐためには無観客も仕方ない。でも…」。自身も元高校球児で甲子園を目指したという神戸市西区の会社員男性(38)は言葉を詰まらせた。「血のにじむ努力をしてきた球児を思うと、中止という選択だけは避けてほしい」と話した。

 高校時代に野球部のマネジャーだった同...    
<記事全文を読む>