日本高野連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に開幕する第92回選抜高校野球大会を、甲子園大会史上初めて無観客で開催する方針を決めた。だが、可否の最終決断は11日に先送りに。中止の可能性もあり、模索が続く。

 無観客試合での開催を前提としながらも、日本高野連は選抜大会を実施するかどうかについて11日まで結論を持ち越した。4年ぶり5度目の大会に挑む花咲徳栄の選手たちは、出場決定の吉報を待った期間と同じような心境であと1週間を過ごすことになる。

 日本高野連の発表に、岩井監督は「一喜一憂できる状況ではない」としながら、「選手たちには野球をやらせてもらえ...    
<記事全文を読む>