新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれる選抜高校野球大会が無観客で実施される可能性が出たことで、道内から出場予定の白樺、帯農の両校からは安堵(あんど)の声が上がった。ただ、日本高野連の要請で15日まで遠征や練習試合ができず、両校は当面は道内で衛生、健康管理に気を配りながら調整に苦慮することになりそうだ。

 「選手は甲子園という舞台を夢見て野球をしている。グラウンドに立てるかもしれないという望みが出たことは喜んでいるはず」。白樺の戸出監督は生徒の思いを代弁した。

...    
<記事全文を読む>