新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本高野連が4日、第92回選抜高校野球大会の出場校に無観客での準備を進めることを要請したことを受け、出場する国士舘高(世田谷区)の岩渕公一校長は同日、「試合ができるということでは、ほっとしている」と話した。

 (岩岡千景)

 同日午後六時半、同校で、岩渕校長と永田昌弘監督、渡辺隆硬式野球部長が記者会見を開いた。高野連は十一日に開催の可否を再度協議するが、永田監督は「三年生は最後の選抜になる。やらせてあげたいとずっと思っていたので、こういう形になりありがたい」と話し、開催を前提に準備していくと説明した。

 現在、野球部は甲子園に行...    
<記事全文を読む>