開催の可否が注目されていた第92回選抜高校野球大会。日本高野連が4日に示した無観客での開催方針について、41年ぶりに出場する鶴岡東をはじめとする県内の関係者は判断を前向きに受け止めた。ただ新型コロナウイルスの感染が広がる中、結論は11日に持ち越しとなり、「収束を願うだけ」との声も上がった。

鶴岡東・佐藤監督「しっかり準備」
 「しっかり準備をして臨む。また明日から頑張っていきたい」。日本高野連の方針を受けて同校で開かれた記者会見で、佐藤俊監督(48)は無観客での開催にも前向きな思いを示した。まだ見通しの立たないことは多いが、「一晩考え、選手たちの顔を見て新たな目標...    
<記事全文を読む>