プロ野球ヤクルトの奥川恭伸投手(かほく市出身)と巨人の山瀬慎之助捕手(同)は3日、星稜高の卒業式に出席し、同級生と言葉を交わして母校に別れを告げた。奥川投手は「たくさん活躍して有名になりたい。練習に一生懸命頑張る」と、ルーキーイヤーでの活躍を期した。
 プロ生活をスタートさせている奥川投手も、母校では高校生の表情に戻り、星稜高によると小、中、高校とバッテリーを組んだ山瀬捕手をはじめ同級生と「いつものようにわいわい楽しく話した」と、晴れの日を楽しんだ。高校3年間の最高の思い出に甲子園4度出場を挙げた奥川投手は「星稜高出身の代表としてしっかり活躍したい」と決意を示した。
<記事全文を読む>