三月十九日開幕予定の選抜高校野球大会に出場する健大高崎(高崎市)の選手たちが二十六日、高崎市役所に富岡賢治市長を表敬訪問し、甲子園での健闘を誓った。

 健大高崎は昨秋の関東大会で初優勝し、全国各地区の代表が競う明治神宮大会で準優勝した。

 戸丸秦吾主将は「日本一との差を改めて感じた」と振り返り、選抜大会では「目標の日本一を達成したい」と決意を語った。エースの下(しも)慎之介投手も「チームの日本一に貢献したい」と力を込めた。青柳博文監督は「一戦一戦を大事に戦って日本一を目指したい」と抱負を述べた。富岡市長は「思い切って暴れてきてください」と激励した。

...    
<記事全文を読む>