3月19日に甲子園で開幕する第92回選抜高校野球大会に出場する星稜と航空石川の監督、選手らは26日、石川県庁に谷本正憲知事を訪ね、健闘を誓った。新型コロナウイルスの感染拡大を警戒し、両校の選手は全員マスク姿ながら、ここまでの調整と体調は万全といい、星稜の内山壮真主将は「優勝を目指す」、航空石川の井口太陽主将は「日本一を目指す」と決意表明した。

 谷本知事は「体調管理に万全を期し、両校の決勝対決が実現するよう期待している」と激励した。星稜は金沢市役所で山野之義市長の激励も受けた。県高野連の澤田豊会長、佐々木渉理事長が同行した。

 両チームとも今冬は、少雪によってグ...    
<記事全文を読む>